トップ 生活安心情報 防災情報 試験・講習会 届出書式 消防の仕事 統計・年報 消防本部紹介
トップ  >  生活安心情報トップ  >  住宅防火に関して
 
住宅防火に関して
住宅用火災警報器について
消火器に関する情報
 
119番のかけ方
メール119について
救急車利用についてのお願い
 
熱中症にご注意を
 
火災を防ぐ為には

放火対策を ゴミは指定された当日の朝に出すなど、家のまわりに燃えやすいものを置かないように。車庫、物置などの戸締りも忘れずに

コンロから離れない 火がついているものから離れるときは必ず消すこと。コンロのまわりに燃えやすいものは置かない。着衣への着火にも十分注意を。

寝たばこ、
ポイ捨ては厳禁
灰皿には水を入れておき、吸殻を捨てるときは必ず水にさらすように。火のついたたばこは放置せず、必ず消火の確認を。

風が強い日に
たき火はしない
風の強い日や空気が乾燥しているところでのたき火は危険。必ず水を用意して、たき火の後は完全に消火したことを確認しよう。

マッチやライターで
遊ばせない
子供には火の正し使い方、恐ろしさを教え、子供の手の届くところにライターやマッチは置かないように。また、日差しの強いところでの放置に注意。

ストーブまわりを整理 衣類やふとん、カーテンなど、ストーブのまわりに燃えるものを近づけないように。近くで洗濯物を干すのも厳禁。給油は完全に火を消してから行う。

配線まわりはきれいに コードの上に物を乗せたり、コードをまとめたり、たこ足配線をしないこと。コンセントまわりは定期的に掃除を。




住宅用防災機器を活用しましょう

火災防止に 安全装置付調理器具 異常な過熱や火が消えた際に、自動的にガスの供給を止めます。

火災の発生を
早く知る
住宅用火災警報器 煙や熱を感知すると、警報音で知らせてくれます。

火災の被害を
最小限に
防炎品 火がついても燃え拡がりにくい防炎品。
カーテンやカーペット、寝具、エプロンなど。

住宅用消火器 小型で軽量タイプの消火器です。

簡易自動消化装置 火災の熱を感知すると、自動的に薬剤を放出します。

住宅用スプリンクラー設備 火災の熱を感知すると、部屋全体に放水します。




放火されないために

@ 家のまわりに燃えやすいものは置かない。

A 空き家・倉庫には鍵をかけ、不審者が出入できないようにする。

B 可燃物ゴミは、ゴミ収集日の朝出す。

C 郵便受に郵便物・新聞・チラシなどを溜めないようにする。


リンク集 組合 サイトマップ ページ先頭へ
 有明広域行政事務組合消防本部

 〒865-0065 熊本県玉名市築地468番地
 代表: 0968-73-5271 FAX:0968-74-0030
 直通: 総務課:0968-73-5272  消防課:0968-73-5283  予防課:0968-73-5273
     指令課(荒尾消防署内 熊本県荒尾市宮内字松ヶ浦1027番地9):TEL:0968-69-1760 FAX:0968-64-2863

 Copyright(c) Ariake Fire Department web site. Allrights Reserved 2007