トップ 生活安心情報 防災情報 試験・講習会 届出書式 消防の仕事 統計・年報 消防本部紹介
トップ  >  生活安心情報トップ  >  住宅用火災警報器について  >  奏功事例
 
住宅防火に関して
住宅用火災警報器について
消火器に関する情報
119番のかけ方
メール119について
救急車利用についてのお願い
 
熱中症にご注意を
 
住宅用火災警報器について −奏功事例−


下の項目をクリックしてご覧下さい。

設置義務化について 種類および設置場所
設置の維持管理について
購入方法
悪質な訪問販売への注意および問合せ先





− 奏功事例 −


事例1
寝たばこから火災発生!
「寝たばこで寝込んでしまい…」


共同住宅に住む男性(60歳代)は、布団の中でタバコを吸っているうちに眠くなり、灰皿にタバコを置いたまま寝込んでしまいました
 その後、男性は住宅用火災警報器の警報音で目を覚ますと、座布団から煙が上がっているのを発見しました。すぐにペットボトルの水で消火し、携帯電話で119番通報し大事に至りませんでした。


 

事例2
天ぷら油が燃えだして!
「すぐに戻るから」という油断の気持ちが…

戸建て住宅に住む女性(30歳代)は、鍋に残った油を捨てるため、油凝固剤を鍋に入れ、1階の台所にあるガスコンロで加熱していました。女性は他の用事を済ませようと、鍋に火をかけたまま2階に上がりました。
 しばらくすると、1階から住宅用火災警報器の警報音が聞こえたので、慌てて台所に戻ると鍋から火が上がっているのを発見しました。すぐに消火器で消火し、その後119番通報し被害を最小限に抑えることができました。



事例3
仏壇から火災発生!


2階居室で就寝していた男性(30歳代)は、1階の祖母の部屋の住宅用火災警報器の警報音で目を覚ましました。
 階段へ出ると煙が漂っており、さらに1階へ下りると仏壇から炎が上がっているのを発見しました。男性は台所にあったバケツなどで水をかけて消火し、その後119番通報し被害を最小限に抑えることができました。子供と祖母も妻が避難させました。




設置義務化について 種類および設置場所
設置の維持管理について
購入方法
悪質な訪問販売への注意および問合せ先



リンク集 組合 サイトマップ ページ先頭へ
 有明広域行政事務組合消防本部

 〒865-0065 熊本県玉名市築地468番地
 代表: 0968-73-5271 FAX:0968-74-0030
 直通: 総務課:0968-73-5272  消防課:0968-73-5283  予防課:0968-73-5273
     指令課(荒尾消防署内 熊本県荒尾市宮内字松ヶ浦1027番地9):TEL:0968-69-1760 FAX:0968-64-2863

 Copyright(c) Ariake Fire Department web site. Allrights Reserved 2007