トップ 生活安心情報 防災情報 試験・講習会 届出書式 消防の仕事 統計・年報 消防本部紹介
トップ     
避難器具(緩降機)の訓練で転落事故が発生しました。

 平成26年10月31日、青森市の3階建て建物において、緩降機を使った訓練中に参加者が誤って転落し負傷する事故が発生しました。

 現地確認では緩降機の異常が認められなかったため、着用具の緩みと不安定な姿勢による緩降機の使用が事故の原因と考えられています。


避難器具(緩降機)の降下訓練や点検に当たり、使用方法を熟知するとともに、特に事故防止を図るため、次の事項に十分注意して行うようにして下さい。
・装着した着用具が身体から抜けるおそれのある服装等は避けること。
・2本の長短ロープを確認し、短い方のロープの着用具を身体に装着すること。
・着用具は頭からかぶり、必ず胸部にて脇に挟む形で正しく装着すること。
・着用具の装着後、降下姿勢に移るまでの間は、装着側のロープをできるだけ張った状態とすること。
・開口部から身体を出す際は、急激な荷重がかからないようにすること。
・降下は、身体が安定するまで行わず、降下中は腕を上に伸ばすなど不安定な姿勢をとらないこと。
・訓練は、開口付近及び降下地点付近に監督者を配置するなど、安全管理体制を確保した上で実施すること。
※その他の消防用設備等の訓練や点検に当たっても、事故防止に十分注してから行うようにして下さい。


リンク集 組合 サイトマップ ページ先頭へ
 有明広域行政事務組合消防本部

 〒865-0065 熊本県玉名市築地468番地
 代表: 0968-73-5271 FAX:0968-74-0030
 直通: 総務課:0968-73-5272  消防課:0968-73-5283  予防課:0968-73-5273
     指令課(荒尾消防署内 熊本県荒尾市宮内字松ヶ浦1027番地9):TEL:0968-69-1760 FAX:0968-64-2863

 Copyright(c) Ariake Fire Department web site. Allrights Reserved 2007