トップ 生活安心情報 防災情報 試験・講習会 届出書式 消防の仕事 統計・年報 消防本部紹介
トップ  >  防災情報トップ  >  風水害から身を守ろう
 
防火・防災の知識
災害時のアドバイス 
地震が起きたら
火事から避難する時は?
風水害から身を守ろう
 
避難場所
避難所情報
 
防災ヘリ着陸地点情報
風水害から身を守ろう

風水害とは台風や大雨などによる災害のことをいいます。
日本は台風の通り道となっていて、1年間にいくつも接近または上陸しています。
梅雨の季節は雨量が集中するため、河川の氾濫や土砂崩れなどの注意が必要です。
最近はそれ以外にも、突然大雨や雷が襲う「ゲリラ豪雨」がたびたび発生し、災害につながることが増えてきています。
いざという時に慌てないよう、事前の対策が必要です。


事前の準備
窓・雨戸・扉などの開閉部、屋根や塀などの点検や補修
側溝のごみなどを取り除いておく
飲料水や食料、懐中電灯や携帯ラジオなど、非常時持ち出し品を準備しておく
非常時の連絡先や避難場所などを家族で話し合っておく

事前の準備 (台風の接近が予想される場合)
進路や規模、台風の特徴(風が強い・雨が多い)など、ニュースで最新の情報を把握しておく
カーポートなど屋外の構造物をロープなどで補強しておく
風による被害に備えて、雨戸を閉めたり、窓ガラスに板を張り付けたりして補強しておく
バルコニーやベランダなどの飛ばされやすいもの(鉢植えや物干し竿)を屋内にしまっておく


台風の接近時や風が強くなってきてからでは大変危険ですので、これらの屋外作業を行わないで下さい。




避難時のポイント
長ぐつは歩きにくくなるため、ひもでしめられる底のあつい運動ぐつをはきましょう。

水の下には何があるか分かりません。長いぼうを杖の代わりにして、安全を確かめながら歩きましょう。

はぐれないように家族や大人の人とロープでつながって避難しましょう。


避難方法


火の始末を確実に行って下さい
不要な電源やガスは元から遮断しておいて下さい
戸締まりをきちんと行ってください。
(ただし流水や浸水の状況が深刻ではなく、避難可能な場合のみ、安全に十分注意しながら行って下さい)

ひざより高くまで水が来ていたら歩行は困難です。
速やかに高いところに避難し、救援を待つようにして下さい
熱を奪われにくい服装があれば着用して下さい(カッパなど)
側溝や川沿い、沿岸部などには決して近づかないで下さい
山沿いは土砂災害のおそれがあるので、速やかに避難して下さい
切れた電線などは感電するおそれがあるので決して近づいたり触ったりしないで下さい


屋内への浸水、付近の冠水がある場合は大変危険ですので、無理に屋外に出たり避難所に向かったりしないで下さい。
安全の確保と救助要請を確実に行い、救援を待つようにして下さい。




リンク集 組合 サイトマップ ページ先頭へ
 有明広域行政事務組合消防本部

 〒865-0065 熊本県玉名市築地468番地
 代表: 0968-73-5271 FAX:0968-74-0030
 直通: 総務課:0968-73-5272  消防課:0968-73-5283  予防課:0968-73-5273
     指令課(荒尾消防署内 熊本県荒尾市宮内字松ヶ浦1027番地9):TEL:0968-69-1760 FAX:0968-64-2863

 Copyright(c) Ariake Fire Department web site. Allrights Reserved 2007