トップ 生活安心情報 防災情報 試験・講習会 届出書式 消防の仕事 統計・年報 消防本部紹介
トップ  >  防災情報トップ  >  地震が起きたら  >  屋外にいるとき
 
防火・防災の知識
災害時のアドバイス 
地震が起きたら
火事から避難する時は?
風水害から身を守ろう
 
避難場所
避難所情報
 
防災ヘリ着陸地点情報
地震がおきたら 〜屋外にいるとき〜


地震発生時の行動について
〜ケース別対策〜

下をクリックしてご確認下さい。

家の中にいるとき
職場・学校にいるとき 津波が発生したとき





− 屋外にいるとき −


街頭では
 強い揺れを感じたら、カバンなどで頭を保護し、近くの空き地や丈夫な建物の中、街路樹の下に逃げて下さい。窓ガラスや看板など、頭上から様々なものが落下してくる危険があるためです。
 ブロック塀・門柱・自動販売機も倒れてくる危険があります。
 建設現場も大変危険ですので速やかに遠ざかって下さい。
地下街では
 地下街は一般的に地上より揺れが少なく安全です。慌てずに落ち着いて行動して下さい。カバンなどで頭を保護し、身を低くして壁際に身を寄せて下さい。
 停電しても非常灯がつきますが、暗闇でも壁伝いに移動すれば出入口にたどり着くことができます。冷静に行動して下さい。
 
デパート・スーパーでは
 カバンや買い物かごなどで頭を保護し、陳列ケースや商品棚から離れて下さい。柱のそばや壁際などに身を寄せ、揺れが収まるのを待ちます。
 子供を連れているときは、必ず手をしっかりとつないで下さい。
 階段やエスカレーターに殺到すると危険ですので従業員の誘導に従って避難して下さい。エレベーターは停電すると中に閉じ込められる危険性が高いため、階段で避難して下さい。
 
映画館・劇場では
 座席を上げ、その場にしゃがみ込み、カバンなどで頭を保護して下さい。出入り口に殺到すると危険ですので、係員の指示に従い避難して下さい。
 
駅のホームでは
 柱などにしっかりとつかまって下さい。ホームから転落しないように注意して下さい。
 時刻表示板・蛍光灯・モニターカメラなどは落下の恐れがあります。カバンなどで頭を保護したりベンチに潜り込むなどして、落下物から頭などを守って下さい。
 自動販売機は倒れてくる恐れがありますので離れて下さい。
 
自動車運転中では
 揺れを感じても急ブレーキをかけないで下さい。追突事故につながり大変危険です。揺れを感じたら、徐々にスピードを落として車を道路の左端に停車して下さい。
 避難するときは車をロックせず、キーをつけたまま車から離れるようにして下さい。
 周囲の車などに十分気をつけて安全に避難して下さい。
海岸では
 津波の危険性がありますので、揺れを感じたら直ちに高台などへ避難して下さい。
津波警報や津波注意報が発令される前に津波が到達することがあります。避難は安全かつ迅速に行って下さい。ニュースなどで情報を把握し、冷静に避難して下さい。


リンク集 組合 サイトマップ ページ先頭へ
 有明広域行政事務組合消防本部

 〒865-0065 熊本県玉名市築地468番地
 代表: 0968-73-5271 FAX:0968-74-0030
 直通: 総務課:0968-73-5272  消防課:0968-73-5283  予防課:0968-73-5273
     指令課(荒尾消防署内 熊本県荒尾市宮内字松ヶ浦1027番地9):TEL:0968-69-1760 FAX:0968-64-2863

 Copyright(c) Ariake Fire Department web site. Allrights Reserved 2007