トップ 生活安心情報 防災情報 試験・講習会 届出書式 消防の仕事 統計・年報 消防本部紹介
トップ  >  防災情報トップ  >  地震が起きたら  >  家の中にいるとき
 
防火・防災の知識
災害時のアドバイス 
地震が起きたら
火事から避難する時は?
風水害から身を守ろう
 
避難場所
避難所情報
 
防災ヘリ着陸地点情報
地震がおきたら 〜家の中にいるとき〜


地震発生時の行動について
〜ケース別対策〜

下をクリックしてご確認下さい。

屋外にいるとき
職場・学校にいるとき 津波が発生したとき





− 家の中にいるとき −


身の安全を守る
 身の安全が最優先。急いで机やテーブルの下に身を隠したり、家具の少ない部屋へ移動して下さい。机やテーブルがない場合は、座布団や本などで頭を保護して下さい。
 また、家族や同居人に声をかけて安全を確認して下さい。
 慌てて外に飛び出すことは危険です。屋根瓦やガラスの破片が落ちてくることがあり、十分注意する必要があります。
脱出口を確保する
 揺れが大きいと、ドアの窓が変形して開かなくなり、室内に閉じ込められることがあります。身の安全が確保されたら、揺れの合間を見てドアや窓を少し開け、逃げ口を確保して下さい。

火の始末をする
 目の前で火を使っていた場合や、揺れが小さい場合は、すぐに消すようにします。ただし、あくまでも身を守ることが優先です。揺れが激しい場合は、揺れが収まってから火の始末をして下さい。
 火が出なくてもガスの元栓は確実に閉めて下さい。
 また、停電復旧に伴う通電火災防止のため、電気のブレーカーも切って下さい。
 
揺れが収まっても油断しない
 改めて家族や同居人の安全確認をして下さい。大きな地震の後には余震が発生することがあります。倒れかかったタンス・本棚・冷蔵庫などは、余震によって転倒する恐れがあり危険です。近づかないで下さい。


リンク集 組合 サイトマップ ページ先頭へ
 有明広域行政事務組合消防本部

 〒865-0065 熊本県玉名市築地468番地
 代表: 0968-73-5271 FAX:0968-74-0030
 直通: 総務課:0968-73-5272  消防課:0968-73-5283  予防課:0968-73-5273
     指令課(荒尾消防署内 熊本県荒尾市宮内字松ヶ浦1027番地9):TEL:0968-69-1760 FAX:0968-64-2863

 Copyright(c) Ariake Fire Department web site. Allrights Reserved 2007