トップ 生活安心情報 防災情報 試験・講習会 届出書式 消防の仕事 統計・年報 消防本部紹介
トップ  >  防災情報トップ  >  地震が起きたら
 
防火・防災の知識
災害時のアドバイス 
地震が起きたら
火事から避難する時は?
風水害から身を守ろう
 
避難場所
避難所情報
 
防災ヘリ着陸地点情報
地震がおきたら


地震発生時の行動について
〜ケース別対策〜

下をクリックしてご確認下さい。

家の中にいるとき 屋外にいるとき
職場・学校にいるとき 津波が発生したとき





避難するときは安全に
 
避難する前に再度、ガスの元栓などの火の元を確認し、電気のブレーカーを切って避難して下さい。(ただし、身の安全の確保が最優先です。)
 
避難先や安否情報を書いた連絡メモを残しましょう。
 
避難する際は安全で動きやすい服装を着用して下さい。
 
荷物は必要最小限にとどめ、背負うようにしましょう。常に両手が使えるようにして下さい。
 
障害を持つ人・お年寄りや子供から目を離さずに、手をしっかりと握って避難して下さい。
 
徒歩で避難して下さい。緊急車両の妨げになります。
 
避難は指定された避難場所・避難所へ行くようにして下さい。
 
狭い路地や塀のそば、崖の近くや川べりなどはできるだけ通らずに避難して下さい。
繁華街ではガラス・看板などの落下に注意して下さい。


地震の揺れと推定される被害

震度 推定される被害
0 ・ 人は揺れを感じない。

1 ・ 一部の人がわずかな揺れを感じる

2 ・ 屋内にいる人の多くが揺れを感じる
・ つり下がった電灯などがわずかに揺れる

3 ・ 屋内にいる人のほとんどが揺れを感じる
・ 棚にある食器類が音を立てることがある
・ 電線が少し揺れる

4 ・ かなりの恐怖感がある
・ 吊り下げてある物は大きく揺れ、棚にある食器類は音を立てることがある
・ 電線が大きく揺れ、歩行者も揺れを感じる

5弱 ・ 棚の食器や書棚の本が落ちることがある。
・ 窓ガラスが割れることがある
・ 電柱が揺れているのが分かる。

5強 ・ 多くの人が行動に支障を感じる
・ 重い家具や自動販売機が倒れることがある
・ 自動車の運転が困難になる

6弱 ・ 立っていることが困難になる
・ 壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する
・ 低耐震性の木造住宅は倒壊する場合がある

6強 ・ 這わないと動くことができない
・ 固定していない家具が移動、転倒する
・ 耐震性の高い住宅でも、壁などが破損する

7 ・ 自分の意思で行動できない
・ ほとんどの家具が移動し、飛ぶものもある
・ 耐震性の高い住宅でも傾いたり、大きく破損することがある


リンク集 組合 サイトマップ ページ先頭へ
 有明広域行政事務組合消防本部

 〒865-0065 熊本県玉名市築地468番地
 代表: 0968-73-5271 FAX:0968-74-0030
 直通: 総務課:0968-73-5272  消防課:0968-73-5283  予防課:0968-73-5273
     指令課(荒尾消防署内 熊本県荒尾市宮内字松ヶ浦1027番地9):TEL:0968-69-1760 FAX:0968-64-2863

 Copyright(c) Ariake Fire Department web site. Allrights Reserved 2007